【メルカリ】安く買いたい時、僕はこれ。

メルカリ紹介 雑記

ジンです。

バーチャファイターのオンライン対戦をするにあたり、対応CS機※が古いこともあり見つかりにくく、新品で探すよりもヤフオク・モバオクなどのネットオークションやメルカリ・ラクマなどのフリマサイトを使うと、簡単に、しかも割安に手に入れることができます。
※コンシューマーゲーム機の略で、要は家庭用ゲーム機のことです。

僕はメルカリをよく利用していて、以前、配信をしている時に話題に出して、興味を持ってくれた方がいたので紹介しておきます。

ゲーム機や古い品物に限らず、

  • どんなものでも
  • 新しいものでも
  • 手に入りにくいものでも

自分に合った条件で探せることが多いです。
転売屋も多く、最近で言うと”PS5″などの希少品は逆に割高になってしまいますけども。

買い物する際の選択肢として持っておいたほうが色々と便利だと思いますので、今まで利用したことのない方、ぜひ読んでみていただけたら。

新規会員登録時にクーポンコードDNYFDT を入力すれば買い物に使えるポイントが貰えます。
デメリットは何もありませんので、ぜひ。

それでは、本文。

そもそもメルカリとは

2013年に始まったネットフリマアプリ。
Wikiを見てみたら、mercariとはラテン語で『商いする』という意味で、”マーケット”の語源なんだそうです。

たしかに、言われてみたら、語感が似ている。。

iOSもAndroidも、もちろん対応してますのでまずはアプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

新規会員登録時はクーポンコードDNYFDT を入力

ジン
ジン

お察しの通り、僕にも招待ポイントが付与されますが、お互いに損は一切ありませんので良かったらコード入力しての会員登録、よろしくお願いします😊

メルカリの良い所、悪い所

GoodBad

何でも見つかる、何でも売れる

利用者数が多く、どんなものでも、売れます
服、漫画、家電などの取引量が多いのはもちろんですが、古い新聞やトイレットペーパーの芯なんかも売れちゃうらしいです。

家の中に残っていて不要になった”モノ”、一度出品してみるのもいいかもしれません。
その際は手数料と送料のことも考慮して出品するのを忘れないように。

ジン
ジン

僕は”中古でも構わないもの”が欲しくなった時はとりあえず一度メルカリで検索するようにしています。
ちょこちょこ覗いているとびっくりするほど安い金額で出品されていることも。

売りたい商品の取引額目安がわかる

個人的にコレが一番「すごい!」と思ったのですが、出品する際、売りたい商品を写真で撮影すると、似た商品がいくらぐらいの金額で取引されているかの目安が表示されます

自分で中古の相場等を調べる必要はありませんし、もちろん全く違う金額に設定しても問題ありません。

更に、そのまま出品する場合は商品名なども反映されます。とても楽。

即決で売れるから取引しやすい

ネットオークションと違って、期限を待たずとも良く、価格設定も出品者が決められるので、出品する側も購入する側も取引がしやすいです。

ヤフオクとかって「もっと良い値段で売れると思ったのに!」とか、買う時も買う時で良い商品見つけることができても「期限ギリギリでもう一回覗こう」と思ってもなかなか見なかったり、せっかく入札したのに知らない間に上書きされていたりしますよね。

比較的安全

個人間での取引となると偽物が心配ですが、コピー品などの取扱いは禁止されていますので、商品到着後、取引相手の評価前(※)であれば、運営側で返品/返金の対応に協力してくれます。
評価してしまうと”取引完了”となってしまうのでそこだけ注意。

取引の流れ(購入時)
  1. 商品を選ぶ
  2. 商品を購入(購入方法選択)
  3. 連絡事項があればメッセージ送受信
  4. 商品受け取り後、出品者を評価

相場より安く手に入る(ことが多い)

「不要になった」「安く手に入った」「すぐにお金が欲しい」など色んな理由で、相場よりも安く出品されているのをよく見かけます。
そのため、転売屋も一定数います。
相場感がわかる方なら、お小遣い稼ぎにもいいかもしれません。

また、コメントで金額交渉も可能ですので「もう少しで手が届く」なら交渉してみるべきです。
但し、あまり常識外れの値下げ交渉は自重しましょう。

とにかく簡単、手間がかからない

メルカリを使う一番の理由がコレ。

とにかく簡単!!なんです。

以前はというと、写真を撮影>PCに送信>細かい情報色々入力してやっと出品>売れたら細かいやり取りして自分で配送手配…なんて、物凄く面倒に感じましたが、メルカリは本当に楽です。

スマホ1台あれば撮影、説明書きなどこだわらければ10分ほどで出品でき、配送は箱に詰めて集荷をお願いするだけ。翌日にはクロネコヤマトが引き取りに来てくれて、面倒な配送票を作成する必要もありません。
セブンイレブンに持ち込んでも、同様に対応してくれます。

取引の流れ(出品時)
  1. 商品を撮影またはアップロード
  2. 商品情報を入力(説明欄/金額/送料等)して出品
  3. 購入された後、連絡事項があればメッセージ送受信
  4. 発送手配
  5. 商品が到着し評価を貰ったら、購入者を評価

個人情報を開示せずに取引ができる

一部の購入方法に限定されますが、出品者購入者それぞれに取引相手の情報が開示されることはありません
任意ですが本人確認もあるので、安心して取引が可能です。

定額払いができる

通常こういったサービスは一括払いが普通ですが、メルカリでは最近開始した『スマート払い』という決済方法で、月々の定額払いが可能です。
手数料が発生する、要は”リボ払い”なんですが、人によっては便利かも?

個人間のやり取りが主

気軽にアプリで利用できるために若い方もたくさん利用しているので、言葉遣いがひどかったり、度を越えた値下げを要求してきたり。やり取り・梱包が雑、説明が足りていなかったり、なんてこともチラホラ

ジン
ジン

もちろん凄く良い方もたくさんいらっしゃるんですが、僕は写真や説明文、その人のプロフィールなどを見て、不安がある場合は条件が良くても取引はしません。
そのおかげか、今まで変な相手に当たったことはありません。
あまりにも雑な説明文や不自然な日本語、取引数ゼロの出品者などはちょっと不安ですね。

手数料が高め(10%)

導入で書いた他サービスと比較しても手数料は比較的高めと言われています。それ以上に便利な部分がたくさんあるので、僕はあまり気になりません。

まとめ

というわけで今回はフリマアプリ『メルカリ』のご紹介でした。

途中でも少し触れましたが、あんまり安く商品が見つかったりするので、転売屋も多く利用しているみたいですね。
僕自身、欲しいか微妙なものであっても「コレならいらなくなっても原価以上で売れる」と考えて購入することもあります。

本当に、手段として持っておいて損はないと思いますので、良かったらぜひ。

ジン
ジン

先日SNSしか連絡先を知らない方とやり取りをする際、メルカリを経由することでお互いの本名も住所も明かさずにやり取りするなんてこともできてしまって、こんな使い方もできるんだ~、なんて感銘を受けました。
何気に普通に配送するより安いですしね。
個人的には多少手数料高くても納得です。

売り方のコツなんかもありますが、さすがにそれは更に需要が薄いと思うので、本当にニーズがあった時にでも。

それでは、また~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました