【2020年6月】激安ゲーミングモニター3選+α【CS向け】

ゲーミングモニター 雑記

どもども、ジンです。

今回は前々からやっておこうと思っていたゲーミングモニターの紹介です。
家庭用VF5FSはもちろん、現状最も流通しているCS機(家庭用ゲーム機/コンシューマー)を、快適かつ安価に楽しむためのモニター、および選ぶポイントをご紹介していきます。

基本的には、【見出し】【太字+赤マーカー】の部分だけ抑えればOKです!
これ以外は読み飛ばしでも大丈夫。

では早速。

選ぶポイント

ゲーミングモニター(ディスプレイ)。

普通のテレビじゃダメなの?
何が違うの?

本当によく聞かれる質問です。
まずはこの点と、モニターを選ぶために判断する項目、基準について。

応答速度-表示遅延【重要】

ゲーム機から送信された情報が、モニターに表示されるまでの時間を表します。
言い換えると、あなたが入力したコマンドがゲーム画面に反映されるまで、です。
この数値が大きいと、単純に表示までが遅いだけでなく、画面がカクカクしたり、残像が残ってしまうと言われています。

ジン
ジン

スマホゲームや古いコンシューマーゲーム機などで、ボタンを押してからゲーム画面のレスポンスが悪くてイライラしたこととかありませんか?
あのストレスを無くすことができます!

特に格闘ゲーム、FPSでは『超大事』。
せっかく相手の行動に対応したのに、反映されなかったら悲しいですよね。。

この数値、通常の応答速度、という表記と、”GtoG”という表記で表されることがありますが、ゲーム目的で参考にする場合は、”GtoG”の数値を参考にしてOKです。

参考までに、
通常の応答速度⇒白から黒、または黒から白に変わるまでの速度。
GtoG⇒Gray to Gray(この場合のGrayは中間色を示します)、要は中間色から中間色に変わるまでの速度を示します。

この速度は、『〇〇ms』で必ず表記されていますので、
※ミリセカンドの略で、〇/1000秒を指します。

“1ms以下”のものを選ぶようにすれば、まずストレスはありません。
※通常のテレビだと10ms以上のものばかりです。”ゲームモード”など搭載していたとしてもです。

ジン
ジン

僕がネットで調べた中で、

『応答速度はメーカー毎の実践値』
(要は当社比??)

という話がありました。
もしこれが本当だとすると、聞いたことのないメーカーは危ないので、後述するメジャーなメーカーのものを選ぶのが安全だと思います。

リフレッシュレート-書換速度【重要】

1秒間に何回画面を書き換えてくれるか、です。
単位はHz(ヘルツ)。
パラパラ漫画などがよく例に出されますね。

リフレッシュレート高低の違いはこれがわかりやすい。

そしてモニターを選ぶにあたり、一番に注意したいこととして、

『PS4やNintendo Switchなどの最新ゲーム機でも、60fpsまでしか対応していません』
※ここで言うfps(frames per second)はゲームごとに設定された画面数/秒の数値です。

ジン
ジン

PS5、発表されましたがどこまでのリフレッシュレート対応かわかりません…。
対応範囲次第では高リフレッシュレートも検討する必要があるかもしれませんが、144Hzまで対応しておけばまずまず問題ないと思われます。ここはまた追記します。

要は、家庭用ゲーム機を遊ぶだけなら、60-75Hzで対応していれば全く問題ないのです。
逆に言うと、家庭用ゲーム機しか遊ばないのに高リフレッシュレート(144~240Hz)に対応する高価なモニターを選んでも、宝の持ち腐れ。。

もしあなたがハイスペックなゲーミングPCを持っていて、
「今後第一線でFPS(First Person shooter)を楽しみたい!!」
と考えているなら、144~240Hzなどに対応するモニターを選ぶのはもちろんアリだと思います。

ジン
ジン

にしてもこれ、
FPS(First Person shooter)とFPS(frames per second)、まぎらわしい…。

ちなみに言うと、
First Person shooter⇒一人称視点のサバゲー、
Third Person shooter⇒三人称視点のサバゲーを指します。
前者はApex、後者はFortniteなどが有名。

液晶パネル【割と重要】

人によっては「最も重要」とも言える液晶パネル。
語りだすとキリがない完全な沼なのでここでは簡単にメリットデメリット、およびその特徴を紹介。

現在主流のパネル種類は大きく分けて三種類。

種類価格応答速度視野角画質特徴
TN
Twisted Nematic
×コストが安く
応答速度が速い
ゲーム向き
IPS
In-Plane Switching
〇-◎画像編集
映像鑑賞
比較的万能
VA
Vertical Alignment
黒の発色に強く
映像鑑賞向き

応答速度と視野角については前述の通りですが、ここで気にしたいのは”視野角”。
TNパネルは横から、下からなど正面以外から見ようとすると非常に見づらくなります

TN:IPS比較

左がTN、右がIPS(参考:Gamersnexus

一人用で遊ぶゲーム用途であれば問題ありませんが、複数人で見る、寝転がって観るなどを考えているのであれば、IPS液晶やVA液晶のほうが向いている、という感じです。
IPSは色も綺麗に出やすいので、RPGなどを楽しむにも向いています。

ジン
ジン

パネルそのものを製造しているメーカーの中では【AUO】製のものが品質が良いと評判のようです。
ただ商品説明欄にパネル製造元が記載されていない場合が多く、判断するとしたら、
『24.5インチのものを選ぶといいかも』
という情報が耳にしました。未確認ですが参考までに。

解像度【知ってたほうが〇】

解像度とは、1インチあたりに含まれるドット数のことです。
Dots per inch(Dpi)で表されます。
要はどれだけモニターに画素数(色)を映せるか。大きければ大きいほど綺麗で鮮明に見える、と。
これも抑えておきたいのは三種類。

種類解像度画素数(約)特徴
フルHD
Full HD,FHD
1,920×1,080210万殆どのゲームがコレ
WQHD2,560×1,440370万今後主流になるかも?
4K
QFHD,Quad Full-HD
3,840×2,160830万むちゃくちゃ綺麗
当然、下に行くほど高価。
ジン
ジン

PCの設定をいじったことがある方ならわかるかと思いますが、解像度が大きければ大きいほど画面は細かくたくさんの情報を表示できます。
大きいモニターで複数の作業を同時にする人なんかはお金出して良いモニター買うのもありかも?

ここで注意したいのは、たしかに映像がキレイ、とは言っても、これを出力するためには、それなりの性能(PCおよびグラフィックボードの画像処理能力)が求められるということ。
これまでと同様、あなたの用途にそこまでのスペックが必要か、また、使用するPCがその出力に足るPCかどうか、よく考えて選びましょう。

現状、ゲーム目的であればフルHDで十分だと思います。

Steamの統計データでも1920×1080が主流(参考:Steam)

ジン
ジン

PS5はWQHD抑えられれば問題なさそうですが…
現実的なモデルも少ないし、このまま当分FHD覇権は変わらないかも。

メーカー【重要】

様々なPCブランドがありますが、ゲーミングモニターを選ぶ際は、”ゲーミング”というジャンルに関して、それなりに信用のあるメーカーから選んだほうが後々後悔しないと思います。

代表的なメーカーはこちら。

ジン
ジン

僕はもう一枚、EIZOというメーカーのモニターも使用しています。
10年前は応答速度の速いモニターは希少で、結構高かったんですけどね…今ではあんまりゲーミングモニターに力は入れていないようです。
他が安すぎ。。

VESA規格【人によって重要】

VESA規格、VESAマウントと表記されます。
液晶ディスプレイやテレビなどの映像機器を、壁掛け金具・アーム・スタンドなどに取り付ける際に使うネジ穴の間隔について定められた国際標準規格のことです。
要はこれに対応したモニターとモニターアームを揃えれば、ちゃんとくっつくはずだよ、という。

ディスプレイサイズVESAマウントインターフェイス最大重量
12 ~ 22.9型横 75mm × 縦 75mm
横 100mm × 縦 100mm
8kgまで
14kgまで
23 ~ 30.9型横(100+100)mm ×縦 100mm22.7kgまで
31 ~ 90型横 200mm × 縦 200mm ~
横 1000mm × 縦 1000mm
113.6kgまで

サイズや重量、モノによっては上記と異なる場合があるそうなので、念のため商品ごとに確認を。

デュアルモニター

「机を広く使いたい」

「モニターの位置を動かしたりしたい」

という人はこれに対応するものを選んでおくのがオススメです。
僕もモニターアームを使用していますが、モニター下のスペースが使えるようになり、すっきりして便利ですよ~。

workspace

スピーカー【気にしなくていい】

これ、はっきり言って気にしなくていいと思います。
というのも、モニターについているスピーカーの性能なんてたかが知れてるし、ついていなかったとしても手持ちのヘッドフォンやスピーカーなどを接続すればいいだけ。
それなりに良い音鳴らしてくれるスピーカーも、Amazonでいくらでも出てきます。

このあたり安いし全然オススメ。
僕もひとつ持っています。
あとは、電源はUSBだったり色々だから、一応そのあたりも確認して選んでもらえたらと思います。

「スピーカーのこと書いてなかったから気にせず買ったら後で買い足すハメになった」

なんてことにならないように一応書いておきました。。

ジン
ジン

FPSを楽しむためには『音』の要素が非常に大事ですので、ヘッドセットの着用をオススメします。
どこから銃声がするのか、どこから敵が近づいてきているか、判断するためにはヘッドセットが最適です。

おすすめ激安モデル【2020年6月11日版】

ここまで長い前段、読んでくださった方ありがとうございました。
では本題、本日6月11日時点のオススメ3選のご紹介です。

①BenQ GL2480 【信頼のBenQ、格安モデル】

サイズ24インチ
解像度フルHD:1920 x 1080
応答速度1ms(GtG)
リフレッシュレート75Hz
パネルTN
VESAマウント記載無し
スピーカー記載無し
接続端子HDMI 1.4 / DVI / D-sub / ヘッドフォン端子
Amazon取扱開始日2019/9/10

家庭用ゲーム機で遊ぶだけなら圧倒的にオススメ。
ただ、VESAマウント非対応なのと、人気のためか品切れが多い。(先日の記事紹介時点では在庫があったが、昨日は売切れ、今日覗いたらあった)
タイミング次第では15,000円以下で買えるかも。

② I-O DATA EX-LDGC252STB【この価格で0.6ms】

サイズ24.5インチ
解像度フルHD:1920 x 1080
応答速度0.6ms(GtG)
リフレッシュレート75Hz
パネルTN
VESAマウント100×100mm
スピーカー
接続端子HDMI×2/DP×1/アナログRGB×1/ヘッドフォン端子
Amazon取扱開始日2019/11/4

今回探していた中で見つけたのですが、かなり新しいモデル且つ高機能。
僕が今何も持ってなくて、ゲームのために1つ買うなら、これを選びます。
接続端子が特殊だけど、HDMIに対応してれば何とかなる。

③Acer KG221QAbmix【21.5インチでも良い!という方はこちら】

サイズ21.5インチ
解像度フルHD:1920 x 1080
応答速度1ms(GtG)
リフレッシュレート75Hz
パネルTN
VESAマウント100×100mm
スピーカー
接続端子HDMI/ミニD-Sub/ヘッドフォン端子
Amazon取扱開始日2019/10/26

これまで紹介したモデルよりも一回り小さい、【21.5インチ】でも良い!という方はこちら。ゲームをプレイする時の距離次第ですが、格闘ゲームをやる場合であれば21.5インチでもそんなに問題ありません。更に安く、1万円前後で手に入ってしまうのがオススメの理由。

【参考】acer KG251QGbmiix (僕が使用しているモデル)

サイズ24.5インチ
解像度フルHD:1920 x 1080
応答速度0.7ms(GtG)
リフレッシュレート55-75Hz
パネルTN
VESAマウント100×100mm
スピーカー
接続端子HDMI×2/ミニD-Sub 15ピン/ヘッドフォン端子
Amazon取扱開始日2018/11/19

あれ…
今見ても割といいですね🙄
Amazonセールの時など12,000円前後で買えたりします。
やっぱり在庫切れが多い。。

おまけ

PS5などの今後の新世代コンシューマーゲーム機、およびPCゲームを見据えた、割安中間スペックモデルと、自分だったらこれが欲しい、という最先端ゲーミングモニターを紹介しておきます。

PCゲーム向け144Hz対応割安モデル

以下、応答速度1ms以下で且つリフレッシュレート144Hzに対応、25,000円前後で買えるモデルを紹介。
ハッキリ言ってどれも大差ない。

僕が買い足すならコレ。
FPS世界大会でも使用されたモデルの後継機。
比較的新しく、安くて、応答速度もリフレッシュレートも抜群。

僕が使っているモデルの後継機。
単純に使っていて何も不満がないので、信用がある。

ゲーミングモニターで最も有名かもしれない、BenQ ZOWIEというシリーズ。
ちょっと古いのに全然値崩れしておらず、評判も抜群。

BenQ ZOWIE XL2746S【文句無しの最先端モデル】

サイズ27インチ
解像度フルHD:1920 x 1080
応答速度0.5ms(GtG)
リフレッシュレート240Hz
パネルTN
VESAマウント記載無
スピーカー記載無
接続端子HDMI1.4 / HDMI2.0 / DP1.2 / DVI-DL / ヘッドフォン端子
Amazon取扱開始日2020/3/25

“現実的”な高級モデル。
IPSでもなく4Kでもなく、もっとお金出せばヤバイやつがいっぱいあるんですが、このあたりでも十分に世界が変わると思います。
24インチモデルを選べば5万円台で買える。。

ジン
ジン

USBポートがついてるのが地味にウラヤマシイ

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

実は書き始めるとキリが無くて、あれもこれも…となりそうだったのですが、今回はこれぐらいで。

ここからは僕の主観ですが、『最低限の機能』は必要だけど、必要以上にこだわらなくていいと思います。

144Hzと240Hzの違いわかりますか…?
YouTubeなどにたくさんある商品レビュー動画や検証動画を見ていても僕は全くわかりません😂

応答速度についてもいまは1ms以下で安いものが溢れてますから、それだけあれば十分かと。

モニターも立派な『沼』なので、ハマりすぎないのが安全だと思いますよ。

あ!

でも、今現在、

「普通の家庭用テレビでゲームしてるよ!」

って人は、絶対試してみてください

世界が変わります。
勝てる様になるだろうし、上達も早くなるハズ。。

また気付いた点やお伝えしたい点、商品ラインナップが変わってきたら、追記・修正していきたいと思います。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!
ではでは、また~。。

コメント

  1. […] 【2020年6月】激安ゲーミングモニター3選+α【CS向け】2020年6月時点での、激安ゲーミングモニター3選。主に家庭用ゲーム機向けのものを紹介しています。jinblog.games2020.06.11 […]

タイトルとURLをコピーしました